好きなものを好きだということ

また違うアイドルにハマりそうになってしまった私は自己嫌悪に陥ってましたが完全に開き直りました。



なんで開き直ったかというと

大森靖子さんとの子さんの「非国民的ヒーロー」を聴いたからです。

Youtubeにアップされてから、CDに収録されてから、アルバムに収録されてからもう何度も聴いてきた曲大好きな曲だけど、

「好きになる」ことに対して悪いなとか怖いなとか思っている状態の私が聴いたら前に聴いてた時よりグッときた。


「愛する気持ちだけでも折れずに生きてりゃ充分さ」

このフレーズを聴いた瞬間、あ、これ私のための歌だって(きっと何万人もの人がこう思ったはず)

いままで好きなものを好きでいて報われたことなんてほとんどないよなぁと改めて思いました。

だけどきっとそれでいいんだと、

だって私は報われたくて好きなものを好きだと言ってる訳じゃないし、好きだから好きでいるという簡単な理由。


時代はどんどん変わるし、好きになる候補はどんどん増えていく、そんな中でずっと好きでいることって難しいしすごいことだと思う。


あとは、今を大切にしたいってこと。

アイドルには旬があると聞くし

確かに私がヘリちゃんを好きになった

반짝반짝から한번만~くらいが1番かわいかったな、ピークだったのかなって今でも思います。


だから今カワイイとかカッコイイとか思った人や物を今好きでいること、推すことって大事だと思います。

もしかしたらこれから先それ以上の感情を抱かないかもしれない…から。


それにアイドルはいつまでもアイドルでいてくれないし、突然辞めるかもしれないし、グループも解散するし…だから今が大事だと思うんです。



あと、大森靖子さんの「IDOL SONG」

私にとっては泣ける曲。


メロディーもポップな感じでノリがいいし、歌詞もほとんどキャッチフレーズなのですが、

「ねぇアイドルが楽しい。いっぱい愛が舞ってる。ステージから見る景色がずっと宝物さ」

って最高じゃない?私の抱くアイドル像にピッタリはまってる…アイドルにはこの気持ちを持っていてほしいという願望と、こんなことを思いながらステージに立ってるのかなって想像したらエモさが溢れ出します。


「ねぇもし君が他界したとしても君が必要な分の幸せはあげられていたかな」

こんなこと推しに言われたら…全然しねる( ;  ; )

もう新しいアイドルにハマることなんて怖くなくなりました。

好きなものは好きだと大声で叫びたい!!!!!カワイイ推しがステージに立ってくれるならそれを応援する以外道はない!!!!と思えました( ;  ; )




結果:大森靖子さんはヒーロー。

靖子さんの歌はいいぞ(前から痛いほど感じてる)ヲタの味方だぞ!絶対聴いたほうがいい!!

ツアー楽しみだなぁ!!!!!!


https://youtu.be/z4vqZV62f3E